Pocket

ちょっと前に給食の強要が話題になったので

そのことを記事にしたいと思います。

僕も給食にはかなり痛めつけられたので

僕の見解を書こうと思います。

http://blog.fujitv.co.jp/goody/E20170927001.html

教師がなぜ給食を残さず食べさせることにこだわるのか?

昔に比べて減ったとはいっても

いまだに何が何でも給食を残さず食べろという教師(幼稚園教諭 保育士)がいます。

なぜそんなにこだわるのでしょうか?


教師が子どものためを思って好き嫌いをなくしたいとか

真面目過ぎてやりすぎてしまうという人がいますが

僕はそうは思いません。

好き嫌いをなくしたいなら

腹いっぱいだから食べれない子にも食べさせるのはおかしいですよね。

教師が好き嫌いをなくしたい そんな単純な問題ではないと思います。


僕が思うには

給食を何が何でも残さず食べろという教師は

最初は上司の命令で食べさせていたんだと思います。


本当は上司の命令で残さず食べろと言っているんだけど

子どもに対して

「園長や校長に言われたから給食を残さず食べろ」

では説得力がないですよね。

そこでもっともらしい理屈を子供たちに言うことになります。


好き嫌いはいけない。

食べ物を大切にしないといけない

作った人に対する礼儀

アフリカの飢えた人がなんたらかんたら

最初は上司の命令だから食べさせていたのに

子どもに対して食べろ食べろと言っているうちに

食べさせるのが正しいことだと

自分でも思い込むようになってしまった。

そのうちに上司の命令がなくなっても

今までずっと子どもたちに食べろ食べろと言ってきた。

それは残すことが間違っていて

食べることが正しいことだから食べさせてきたんだ。

自分は正しいから正しいことをしてきた。

もし残していいということになったら

今まで長い間 自分が言ってきたことが間違ってきたことになる。

今更 自分が間違ったことをしてきたと認めるわけにはいかない。

自分で食べろ食べろと言っているうちに

食べさせることが強化されてしまって

目の前の子どもが苦しんでいても

そんなことはことはどうでもいい

とにかく残さず給食を食べさせないといけない。

そういう心理に陥っているんだと思います。

でも子どものことを考える教師だったら

上司の命令があっても

子どもの害にならない範囲にとどめたり

うまくごまかしたりして

無理に食べさせたりはしないですよね。

食べることを強要する教師って

目の前で苦しんでいる子どもよりも

自分の考えや自分の立場を優先する

自分は偉くて正しい そういう人間なんだと思いますね。


実際に給食を何がなんでも食べろという教師って

それ以外のことでも性格悪くないですか?

それに教師にとって子ども(児童)って無関係な赤の他人で愛情がありません。

親だったら子どもが不幸になるとその不幸は自分に帰ってきますが

教師はそうではないですよね。

給食を無理強いして苦しい思いをしたり

学校が嫌いになったり

劣等感を持ってしまったり

その子の人生に悪影響を及ぼしても

苦しむのは子どもであって

教師は全く困りません。


もし子どもの人生に悪影響を与えると自分の給料が減る仕組みになっていたら

教師も給食の無理強いはやめると思うのですが…


苦しんでいるとか落ちこぼれたりするとか言われても

どうせ自分の子どもじゃないし関係ない。

それよりも自分が今まで食べろと言ってきたことが正しい。

そんな気持ちなんですね。

給食を残さず食べることは正しいの?

給食を残さず食べさせることを強要する教師に賛同する人の意見は下記のものです。

栄養士が計算してある

私は嫌いなものでも食べれるようになった

もったいないという意味を教えるためには必要

栄養のことを考えると残さず食べるべき

食育として当たり前 作ってくれた人にいただく命に感謝するのは大切なことだと思う。

好き嫌いがあるのは親の育て方が悪い


これらの意見 一見すると正しいように見えます

理念としては正しいのかもしれませんが

現実に実行する段階で問題が起きます。


子どもが全員 同じ体質で統一されているわけではないからです。



同じ学年の子が100メートルを全力で走ったら横一列でゴールしますか?

しないですよね。

遅い子どもはわがままなの?

親が早く走る方法を教えなかったから

走るスピードが遅いんでしょうか?


逆上がりができない子は鉄棒を作った人に感謝をしていないから

逆上がりができないのでしょうか?

歌が下手な子は親がうまく歌うことを教えなかったからでしょうか?

歌を作った人に感謝をしていないんでしょうか?


絵が下手な子は何に感謝をしていないんでしょうか?

親がうまく絵を描く方法を教えなかったんでしょうか?

努力も確かにありますが

生まれつきの素質と言うか体質ってあったりします。

同じ学年の子は同じものを同じ量だけ食べれる

そんな都合のいいように人間は作られていません。


同じ学年でも体の大きい子もいれば小さい子もいます。

同じ学年でも3月生まれと4月生まれでは1年近く年が違います。

好き嫌いでも人によって体質があります。

ただの食わず嫌いもあれば 我慢すれば食べれるくらいの嫌いもあるし

どうしても受け付けないほど嫌いと言う場合もあります。



THE 給食指導 (「THE 教師力」シリーズ)

好き嫌いについて

私は嫌いなものでも食べれるようになった。

よく聞く意見ですが

それってどういう意味ですか?

私は嫌いなものでも食べれるようになったから

すべての人間が我慢して食べれば食べれるようになる という意味でしょうか?

給食を我慢しても食べれない人間はこの世に存在しないんでしょうか?

こんなのは他の人を調べればわかることですよね。

昼休みまで食べさせられたすべての人が

好き嫌いをなくすことができるようになったのでしょうか?

違いますよね。

自分がどうかではなく

その子がどうかが重要なんです。

自分を基準に世の中の人間が作られているわけではありません。



ただの食わず嫌いで食べれなかっただけなのと

本当に受け付けないほど嫌いで食べれない体質の人を

一緒にしているだけではないでしょうか?

そういう人もソースを一本 水のように飲み干すことってできるでしょうか?

ソースを一本飲み干すなんて

普通出来ないだろうと思うかもしれませんが

日本全国探せは一人くらいソースを水のように

ぐびぐび飲み干すことができる人がいるかもしれない。

じゃあ ソースを一本飲み干しなさいといわれたらどうですか?

我慢してソースを飲めばソースを飲み干すことができるようになるんでしょうか?

どんなものでも食べれるようになるんですか?


プラスの面とマイナスの面のバランスを考える

なんでも好き嫌いなく食べれるのがいい。

確かに間違ってはいません。

でも世の中にはプラスの面とマイナスの面があります。

プラスの面ばかり見て

マイナス面を見ないのはどうなんでしょうか?

好き嫌いがなくなるのはいいことですが

マイナス面とのバランスも考えないといけません。


ちょっとたとえ話をします。


たとえばカンガルーの肉がどうしても嫌いで食べれなかった人がいたとします。

毎日 吐きそうになるのを我慢して

泣きながらカンガルーの肉を食べて

10年間かけてカンガルーの肉を食べれるようになりました。

って話があったらどう思いますか?

好き嫌いがなくなってよかった(#^.^#)

って思いますか?

そもそも カンガルーの肉って普段食わないだろう。

そんなにつらい思いをする価値があったの?

って思いませんか?

これ普通の給食でも同じです。

どうしても 茶碗蒸し が食べれない人がいた場合

無理して食べる必要があるんでしょうか?

他の料理方法だったら食べれるとか

だったら問題ないですよね。

どの程度の苦痛があって

どの程度のリターンがあるのか?

そこが重要なんじゃないでしょうか。

別の選択肢はないの?

給食を食べれない子がいたから

昼休みまでずっと食べさせた

1年後に給食を食べれるようになった。

それっていいことでしょうか?


昼休みまで食べさせられて学校が嫌いになったり

他の子と遊べなかったり

友達との関係が悪くなったり

自信がなくなったりするマイナス面がありますよね。

好き嫌いをなくす方法は

給食を強要する以外選択肢はないのでしょうか?

親が料理方法を工夫するとか

無理のない範囲で食べるという方法でも

好き嫌いを克服できたかもしれません。

あるいはなにもしなくても自然と食べれるようになったかも。

できるだけマイナス面がないような方法を選択することが大切です。

給食を残さず食べさせる本来の目的は何?

給食を残さず食べましょう

何でですか?

好き嫌いなく残さず食べたほうが健康にいいです。

なぜ健康にいいほうがいいんでしょうか?

突き詰めていくとそれが子どもの幸せにつながるからです。

子どもの幸せのため

と言う根底の話を理解しないで

給食を残さず食べさせる

表面だけしかみていなんですね。


根底にある子どもの幸せためと言うのが

わかっていないから

何が何でも給食を食べろ


どうしても受け付けなくても

小食で食べれなくても

学校が嫌いになっても

劣等感を持っても

落ちこぼれても

友達ができなくても

そんなことはどうでもいい

とにかく給食を残さず食べさせなければいけない。

ゆがんだ解釈をしてしまっているんです。


子どもの幸せのため

と言う本来の目的を理解しないで

給食を残さず食べさせることが

最終的な目的と誤解しているんです。


もし給食を食べることを強要する教師にあたってしまったらどうするか?

単なる食わず嫌いで食べれないなら

我慢して食べればいいと思います。


問題は腹がいっぱいで食べれない。

どうしても受け付けないほど嫌いな場合です。

まずは親としては学校の先生に

相談をしましょう。

最初は喧嘩腰にならないように

「給食を無理に食べさせるのやめてくれませんか?」

角の立たないようにやんわりと行きましょう。

案外 親が言えばあっさりやめてくれる場合もあると思います。

もし拒否するようなら

結果にフォーカスしてもらうようにまた説得しましょう。

教師だって子どもに悪影響を及ぼすけど給食を残さず食べろ

とは親には言えないはずです。

ただのわがままではなく人によって体質があることを説明しましょう。

無理強いして学校が嫌いにならないのか?

昼休みまで食べさせて劣等感を持たないのか?

嫌いなものを好きにできる自信があるのか?

いつの時点で好き嫌いを克服できるのか?

過去 すべての子どもがあなたの指導で給食を食べれるようになったのか?

食べれるようにならなかった子は存在しないのか?

プラスの面とマイナスの面のバランスを考えているのか?

マイナス面があった場合 マイナスの面がないように

他の方法を選択するとか工夫するとかはできないのか?

あなたの指導が家の子の幸せにつながっていると自信を持って言えるのか?


と言うことを徹底的に話し合いましょう。



どうしても教師が拒否するようなら校長とか上の立場の人に相談するといいでしょう。

昔は当たり前だった?

給食を残さず食べさせるのは昔は当たり前だったと

よく言われます。

実際に昔よりは無理強いする教師は減ったと思います。

ただ減っただけで絶滅しないのが問題なんですが・・・

ただし給食の無理強いがいけないというのは

今に始まった話ではありません。

40年前のドラマ

熱中時代を知っていますか?

水谷豊さんが主演した学園ドラマです。

名作でとても面白いドラマですが

このドラマでも給食を無理強いする教師に

主人公の北野先生が反発するエピソードがあります。

フィクションですが実在の教師をモデルにドラマが作られたそうです。

子どものことを考えてくれる教師だったら

昔だって無理強いはしないんですよね。