Pocket

緘黙といじめの話をしたいと思います。


ブログやツイッターなどで緘黙だからいじめられたという話をよく聞きます。

緘黙って話せないから友達もできづらいし

反撃もできないからいじめられやすいですよね。

緘黙の子はいじめられない?

こんな意見があります。

緘黙だからと言って他の子に比べていじめられる可能性は高くない。

本当でしょうか?

いじめられない原因として言われているのが?



トラブルを起こさないからいじめられない。

緘黙の子は反応がないからいじめても面白くないからいじめられない。

トラブルを起こさないからいじめられない。

トラブルから始まるいじめもあれば

ただいじめるのが面白いからいじめる

という場合もあります。

トラブルから起きるいじめならトラブルを起こさないように

気を付けることができますが

ただ面白いからいじめる

反撃できないからいじめる

と言う場合は

緘黙の子の場合は防ぐのが難しいですよね。

反応がないからいじめられない。

緘黙の子だって

悪口を言われても全く反応がないというわけではありません。

物を隠されたら困りますし

突き飛ばされたら倒れますし

殴られたら痛がります。

まとめ

緘黙だから必ずいじめられるとは限りません。

実際いじめられなかったという人もいます。

ただいじめられたという意見も少なくありません。

いじめられる可能性は高いのか低いのか?

どっちでしょうか?


実際のところはわかりませんが

どっちであれいじめられる可能性は0ではありません。


緘黙の子がいじめられた場合

親はどうすればいいか?

僕なりに解決方法を考えてみました。

いじめる子といじめられる子どっちが悪い?

緘黙の子が話さないから他の子にいじめられている

いじめる子といじめられる子 どっちが悪いんでしょうか?


最終的にはどっちでもいい。



いじめの話になると誰が悪いのか?

やたらとこだわる人が多くいますが

誰が悪いか? 意味はないことはないけど

最終的にはどっちでもいいんです。



誰が悪いかにこだわる人って

誰が悪いのか決めたいの?

それともいじめをなくしたいの?

目的がよくわからないですよね。

誰が悪いか決めたらいじめがなくなるのでしょうか?


ここであるアニメの話をさせていただきます。


「なぜ敵は襲ってくるんだろう?」

「なぜ戦わないといけないんだろう?」

と主人公が悩んでいると

主人公と一緒に戦っている女の子が

「あんたバカ わけのわからないやつが襲ってくるんだから倒すしかないじゃない」



いじめも同じです。




いじめられている子の親の立場で考えてみたら

わけのわからない奴が自分の子供を攻撃している

わけですから

何とかしないといけないわけです。

誰が悪いかなんて深く考える意味ってあまりないんですよ。


いじめられている子が悪い

という結論になったら

いじめられないようにするんですか?




いじめられて楽しいわけではないんだから

別に悪くなくてもなんとかする方法があれば何とかすれば

いいんじゃないでしょうか。




いじめる側が悪い

だからどうなの?

何もしていない相手をいじめるのって悪いと思いますが

家で「いじめる子が悪い」と言ってからって

解決できるんですか?


誰が悪いなんてどうでもいいことで

とにかく何とかしないといけないわけです。



まとめ

誰が悪いかなんてどうでもいいことで

自分の子どもがいじめられたら何とかしないといけない。

本人の努力でなんとかできるならそれでいいし

親のアドバイスでなんとかできればそれでいいし

だめなら教師に対応を頼むとか

もしくは直接相手やその親に注意をするとか

何とか対応をしないといけません。

よくある親の間違った対応

親がいじめられていることを知ったのに

解決に導いてくれなかったという話がよくあります。

よくある間違った対応は以下の通りです。

よく内容も確認しないで「大したいじめではないんだろう」

「お前にも悪いところがある」

「我慢して学校に行け」

「やり返せ」

「強くなれ」

何でこんな間違った対応をするのか考えてみました。

よく内容も確認しないで「大したいじめではないんだろう」

親としては自分の子がひどいいじめを受けている

そのつらい現実を受け止められない。

いじめられていると言っても

きっと大したいじめではないんだろう。


事実に向き合っていないんですね。

不都合な現実でも受け入れてどうすればいいか

考えましょう。

「お前にも悪いところがある」「我慢して学校に行け」


こういう親って実はどうしたらいいかわからないだと思います。

それとその場辛いだけで終わる話だと思っている。

いじめってあとあと響いてくる場合もあります。

緘黙なら治るものも治らなかったり

やる気をなくしてますます悪循環になることもあります。

事実を正しく受け止めましょう。

いい加減な対応をとって自分の子どもが不幸になっていいんですか?

何とか出来る方法だってあるんじゃないでしょうか?

いじめは学生時代に解決することが大切です。

「やり返せ」

そういわれてホントに相手を殴っていじめがなくなる 

そんなことってありますか?


緘黙でしゃべれないけど学校で人を殴ることはできる

そんな子はいるんでしょうか?


もしやり返せというなら

リアルに考えるべきです。


相手はどういう性格でどの程度の強さで

自分の子どもはどの程度の体力があるのか?




どうやり返すのか?

どこでやり返すのか?

実際にやり返すことはできるのか?

自分の子どもは躊躇なく人を殴ることができるのか?




やり返したら勝てるのか?

どうすれば勝てるのか?

後々仕返しされないでうまく収まるのか?

教師に怒られたりしないのか?

やり返せと言うのはアドバイスではなくてただの願望です。

願望を話しても何も解決しません。

「強くなれ」

「強くなれ」って

言っていることが抽象的でよくわからないですよね。

「強い」というのはどういう状態のことを言って

どうすれば強く成れるんでしょうか?

そもそも強いというのは肉体的な話ですか?

精神的な話ですか?



強くなれと言うならもっと具体的に

強いという状態がどういう状態なのか?

どうすれば強くなれるのか?

強くなればいじめが無くなるのか?

ちゃんと考えるべきです。

ちゃんと考えて

わかりやすく指示しましょう。

まとめ

いじめはいじめられている時だけでなく

後々にまで悪い影響を及ぼす可能性があるから

学生時代に解決することが大切。

親のアドバイスで

うまくいっているならそれでもいいと思います。

実際にうまくいっていますか?

ダメならそれはアドバイスではなくただ願望をしゃべっているだけです。

解決するために

子どもの味方になって考えるべきです。

よく見かけるいじめの解決方法

ネットやテレビでいろんないじめの解決方法を見かけます。

警察に行けばいい

転校 不登校 フリースクール

空手など格闘技を習わせる

これって実際どうなのか?考えてみました。

警察に行けばいい

リアルに考えると難しいですよね。

まず 教師を無視して警察に行くって

よっぽどひどいけがをした場合は別ですが

ただのいじめで警察が動いてくれるとは思えません。

ホントにひどい暴力でけがをしている

金を脅し取られた。

など完全に犯罪なら警察に相談するのもありでしょう。

それでもいきなり警察ではなく教師に相談は必要だと思います。

たとえば

悪口を言われる

物を隠される

突き飛ばされる

やることなすこと邪魔される

こういう場合

ひどいいじめでも警察に届けても難しいと思います。

転校 不登校 フリースクール

最終手段です。

簡単に選択できるものではないことは親ならわかると思います。


たとえて言うなら歯が痛い

時に歯を抜いちゃうような話です。

確かに歯を抜けば歯が痛くなくなります。

でも歯がなかったらマイナス面がいろいろありますよね。

最後の手段としてはもちろんありですが

できるだけ抜かずに解決する方法を探すのが普通ですよね。

転校 不登校 フリースクールはホントに

手がない時の最終手段であって安易に選択できるものではありません。


まず 解決方法を探って

どうしようもない時に選択することにしましょう。

空手など格闘技を習わせる

格闘技をやっている人間は強い

強いからいじめられない。

だから格闘技をやればいい

と言う理屈なんですが


全く否定はしないけど。




格闘技を習ったら強くなるかと言うと

人それぞれです。

強くなるかどうかは努力と素質できまります。


野球やサッカーを習ったらみんながレギュラーになれるのか?

クラスで一番成績の悪い子が

塾に通ったら1か月くらいでクラスでトップの成績になるか?

と聞かれたら無理だと誰もが思いますが。

なぜか空手や格闘技だとやれば

すぐにすごく強くなれると誤解する人が結構います。

アニメや映画ではないので実際には

格闘技を習ったからと言ってそんなにすぐに強くなれるわけではありません。

いじめられないための予防としてやるのはいいかもしれませんが

今ひどいいじめを受けているのに

いじめを止めないで

格闘技を習わせるって対応としてはあまりよくないですね。

それに空手や格闘技はその格闘技を教えてくれるのであって

いじめられた時の対処法を教えてくれるわけではありません。

具体的にいじめられてどの程度反撃すればいいかとかって

教えてくれなません。


格闘技が好きで習うならいいけど

ただ単にいじめられないために習うって

正直あまり効率は良くありません。

あと緘黙だと人間関係をうまくやっていけるのか?

と言う問題もあります。

どの方法も全くダメとは言わないけど

現実的に考えるといろいろ問題があります。

反撃はいけないか?

やり返せ と言う親のアドバイス?がなぜいけないか

と言うとだいたいがうまくいかないからです。


じゃあ 反撃がすべてうまくいかないかと言うと

緘黙の子に対するいじめではありませんが

反撃で解決した事例もあります。

緘黙の子でも やり方次第で反撃で解決できる場合もあると思います。

解決できるなら反撃で解決するのは良いのか?悪いのか?


価値観の問題なので正解はありません。




僕としてはやみくもに暴力をふるうのは

良くないと思いますが

ケースバイケースなので一概に

良いとか悪いとかは言えません。

やむを得ない場合もあります。


少なくてもずっと理不尽に1年間いじめられるよりは

反撃で解決できるなら

そのほうがずっと健全だと思います。


でも反撃には絶対反対 

そういう価値観も間違ってはいません。

もしあなたが暴力は絶対反対と言うなら

反撃以外の方法で解決するようするようにしましょう。

平和的に解決できるならそれが一番です。

フィクションでみるいじめの解決方法

映画 「お父さんのバックドロップ」でいじめの話があります。

初めに断っておきますが主人公は緘黙ではありません。

ただいじめの問題を反撃で解決に導きます。


具体的な内容はあえて書きませんが

主人公は運動神経が鈍く逆上がりもできません。

何もしていないのに

いじめっ子にいじめられますが

ある行動をしていじめの問題を解決します。



なかなか大胆な解決方法ですが

たしかに小学生でこれをしたら

かなりの割合で解決できてもおかしくなかなって思いますね。


空手や格闘技を習って強くなる方法は

時間がかかりすぎる

才能の問題もある

小学生だと筋トレをしてもあまり変わらないなど

問題点がありますが

この方法は体力がなくてもできます。

今考えたら僕もこれをすればよかったかもしれないですね。

技術的には誰でもできるし

相手に近づいたあとは1秒か2秒くらいで終わる内容です。

ただ精神的にブレーキがかかるような行動なので

躊躇なくできるようにするにはどうしたらいいか?

僕の場合は自分の独断でこの行動はできなかったと思いますね。

親の承認と精神的バックアップ

家で練習をすればできたかもしれない。

あと親に「これをしたら2度と学校に行かなくていい」と

言われていたらやったかもしれません。

まあ うちの親(特に母親は)はこの行動を事前に知ったら絶対に了承しないだろうけど。


確かに暴力はいけないことなのかもしれませんが

映画を見た人でこの主人公の行動を批判する人は

いないと思う。

確かに暴力なのかもしれないけど

もともとの動機は正義から来たものです。


それにずっといじめられ続けるよりは

この方法はよっぽど健全だと思いますね。


いじめ問題とは関係なく

お父さんのバックドロップは名作なのでぜひ見てください。

いじめに気付いたら親がまずすること

自分の子供がいじめられているそんな時 親はまず何をすればいいか?

まずは状況を確認しましょう

いじめと言ってもいろいろです。

どんないじめなんでしょうか?

いつどこでいじめられる?


もともと友達だったのが冷たい態度をとられる

仲間外れ

悪口を言われる?

いろいろ意地悪をされる どんな意地悪をされるのか?

脅される

暴力 (どの程度の暴力か?)

金を要求される

正しく把握しましょう。


相手はどんな人間でしょうか?

年齢はいくつ 同級生? クラスは同じ?

複数?単独? 主犯はいるのか?

体は大きい 小さい?

運動神経はいい 悪い

クラスの中心人物 それとも嫌われ者?

非行歴はあるのか?

なぜいじめるのか? 緘黙のことを誤解している?

いじめるのが面白いからいじめるのか?

自分の子が嫌いだから?


ただし子どもに根掘り葉掘り聞くのは嫌がられるのでやめましょう。

この辺難しいところなんですけどね。


いじめをする子はどんな子なの?

いじめをする人間って

極悪非道で恐ろしい人間

めちゃくちゃ強くて仲間がたくさんいる

何をするかわからない人間




勝手にイメージしていませんか?

中にはそんな人間もいるかもしれませんが

いじめをする人間もいろいろです。

小心者も多かったりします。


相手がどういう人間なのか見極めることが大切です。

自分の子どものことも把握しましょう。

緘黙はどの程度ですか?

何ができて何ができないのか?

運動神経は? 勉強はできる?

体は大きい小さい?

どんな性格?

自分の子どもは相手のことを正しく把握しているか?

必要以上に恐れていないか?

等身大で相手を見ていますか?

もしいじめる相手を誤解しているようなら

恐れるような相手ではないことを説明してわからせましょう。

いじめ 解決方法は?

いじめと言ってもいろいろです。

親のアドバイスで解決できるならそれが一番です。


たまに別のクラスの子に悪口を言われる程度なら

相手にしないとか

特定の友達に仲間外れにされるとかなら

特定の人に固執しないで他の子と付き合うとか。


ただ親のアドバイスだけでは解決できないいじめもあります。


そんな時は何をすればいいか?

ものすごいオーソドックスな方法ですが

まずは担任の先生に相談しましょう。




一番無難です。

ただ教師に相談した場合

教師に対して借りを作ることになります。

高校生くらいになると教師の助けは借りたくない。

そう言う場合もありますし

中学生以下でも

子どもが教師のことを嫌っている場合は

できれば教師と関係なく解決したいですよね。

その場合は教師と関係なく解決する方法で対処しましょう。


それ以外でしたらまずは教師に相談してみましょう。


教師に相談しても解決しない

まあ そういうこともありますが

教師が注意して

すぐに収まる場合もあります。

それでいじめが無くなれば一番いいですよね。

ただし注意点として

教師に相談したからと言って必ず解決できるわけではありません。

教師に相談はひとつの手段として考えましょう。

教師に相談することが唯一の希望だった場合

そこが無理な場合

希望が絶望に変わってしまう。

だめならほかの手段に切り替えればいいだけです。

あくまでも手段の一つだと子どもに説明しましょう。


間違っても「学校の先生があなたの味方で何とかしてくれる」

とか教師のことを知りもしないで勝手なことを言わないようにしましょう。


担任の教師に相談して解決しない場合は?



学年主任 校長に相談

それでもダメなら教育委員会に

と言う方法もありますが。

正直、なかなか大変です。

教師の人間性に問題があった場合

学校に行きづらくなるかもしれません。

この辺はなかなか難しいところですね。

教師と無関係に解決する方法

担任の教師に相談して解決しない場合。

担任の教師に相談したくない場合。

どうしたらいいか?

まずはいじめをする相手の気持ちを考えましょう。

そもそもいじめる相手は

なぜいじめるのか?


反撃してこないからと言う場合が多いと思います。


いじめるのが面白いからいじめているだけで

どうしてもいじめたい。

何が何でもいじめたい。

ストーカーみたいに

自分が不幸になっても構わないからいじめたい。

と言うことはないと思います。


だから反撃も状況によってはありだと思います。



ただやり返せっていうのは緘黙の子にはまず無理だと思います。

じゃあ どうしたらいいか?


学校以外なら話せる子の場合 限定になりますけど

学校以外の場所で会って

注意するのもありだと思います。

ただ緘黙の子が一人で対処できればいいけどなかなか難しいですよね。

年上の兄弟がいたら兄弟に協力してもらうのもありだと思います。

案外 直接いじめをやめるように言えばあっさりいじめをやめる場合もあります。

逆に注意してあとあと陰湿にいじめ返してくるようなら

別の方法を考えたほうがいいでしょう。


正々堂々戦う必要はありません。

相手より多くの人数で対処するのが基本です。

特にいじめる相手が複数なら各個撃破していきましょう。

登下校などで一人になった時を狙って

いじめをやめるように話をつけましょう。

相手より多くの人数で行けばこちらが手を出さない限りは

暴力ではなく話し合いで解決できる可能性も高くなります。


協力してくれる人がいない。

学校以外でも話せない。

その方法は選択したくない。

そういう場合は

親と一緒に相手の家を訪ねて

謝らなくていいから自分のことをいじめないように

本人が直接言えるようなら言いましょう。

無理なら親が自分の子をいじめるのを辞めるように言いましょう。

この方法で解決できなかったら

解決するまで何度でもしつこく行ってみましょう。

あきらめないことが大切です。


どちらの場合も事前に相手になんて言うか

セリフを決めて練習しておくと

スムーズに言えると思います。

まとめ

親が相手の家に行って親とその相手と話をつける方法はともかく

子ども同士で解決する方法は

うまくいくならいいけど結構難しい。

あくまでもできる場合のみで

子どもの気持ちを確かめて無理強いしないようにしましょう。

いじめられる前にどうするか?

今まではいじめられたらの対処法を書きましたが

いじめられる前に何をすればいいか?

考えてみました。


緘黙に限らずいじめられた子は親になかなか言わないことが多いです。

そこで

いじめられたら必ず親に報告するように決めておきましょう。

事前に決めておくことで親に相談しやすくなります。

いじめらる子といじめられない子の違いは?

緘黙でもいじめられた子もいれば

いじめられなかった子もいます。

同じ緘黙で話せないのに何が違うんでしょうか?



たぶんこんな理由だと思います。

たまたま良い教師 良いクラスメイトに恵まれた。

体格が良かった。

友達がいた。

勉強ができた。

運動ができた。

良い教師 良いクラスメイトに恵まれるは

運に左右されてしまうし。

体格を変えるのはかなり難しいです。


そこで変えれる部分だけ変えていきましょう。

いじめに限らず

できるだけ勉強ができて運動ができて

友達がいたほうがいいですよね。

できるだけ勉強ができるように運動ができるようにしましょう。

緘黙が治れば一番いいんですが

まずは緘黙でも他の子に舐められないようにしましょう。

あとはいじめられた時はどうすればいいか?

事前に決めておきましょう。

どんないじめがあって

どういうことをされたらどうするか

(緘黙の子だとできることが限られますが)

決めておくのも効果があります。


とにかく子供だけで抱え込まないで

親と協力していじめに立ち向かうことが大切です。

最後のまとめ

親の立場でいじめの問題をどうしたらいいかいろいろ書いてみました。




いじめってその場、我慢すればいいというものではありません。

あとあと響いてくることがあります。

緘黙が治らなかったり成績が下がったり

精神的に悪影響を及ぼしたりします。


自分の子どもをいじめて

そいつは楽しいかもしれないけど

楽しい分以上に自分の子どもが不幸になって

そしてその不幸は自分に返ってきます。



いじめの解決方法は

担任の教師に相談して解決できればそれが一番望ましい。

ただ教師のやる気や力量に左右されてしまいます。


もし教師に相談して解決しない場合どうしたらいいか?

いろいろ方法を考えてみましたが

どれもマイナス面があったり

人によっては実行不可能なものだったりします。

正直、担任の教師に相談して解決しない場合はかなり面倒なことになります。

面倒ですが放置していじめが収まる可能性は低いです。

親が何とか解決しましょう

教師がこうすればいじめが解決すると言う方法があっても

教師の行動を決めることはできません。

自分の行動は自分で決められる

けど他人の行動は自分で決めることはできません。


自分がどう行動すれば相手がどう動くのか?

相手の性格や気持ちを考えて予測しましょう。



どうしたら教師は動くのか?

どうしたら相手はいじめをやめるのか?


自分の子どもはどういう行動をすればいいのか?

何ができるのか?

考えてみましょう。



いじめの解決方法はケースバイケースです。

同じことをしたからと言って

全く同じ状況ではないので

同じ結果になるとは限りません。


いろいろ書きましたがこうすればいいという

明確な答えはなかなか難しいですね。

この記事は緘黙の子の親に向けた記事なので

緘黙の子 当事者向けの記事も書こうと思います。