保護者向けの緘黙の本を作りました
Pocket

こんにちは、俊太です。

Amazonのキンドルで保護者向けの緘黙の本を作成しました。

タイトルは「保護者向け・学校の先生が非協力的でもできる。緘黙の克服方法」です。

価格

価格は300円ですが、キンドルのアンリミテッド会員なら無料で見ることが出来ます。

キンドルのアンリミテッド会員の人は見ても損はないです。

この本の内容

この本は名前の通り保護者向けの本です。

市販されている本はすべて学校の先生が協力してくれるということが前提で作られています。

でも実際は非協力的な教師も多かったりします。

そこで学校の先生が非協力的でも緘黙を克服する方法をいろいろ考えてみました。

見出しは以下のようになっています。

第1章 本に書いてある緘黙を治す方法

第2章 学校の先生とは?

第3章 理想と現実

第4章 親が何もしないとどうなる?

第5章 情報を収集しよう

第6章 緘黙を治す医者

第7章 自分の子を客観的に見る

第8章 教師に何をどう相談をするか?

第9章 本に書いてある教師にしてもらうことの問題点

第10章 不登校と苦登校

第11章 緘黙といじめ

第12章 教師からのいじめ

第13章 緘黙が治った人の事例

第14章 友達の作り方

第15章 学校を攻略しよう

第16章 特別支援学級ってどうなの?

第17章 学校と無関係に緘黙を治す

第18章 将来の話(仕事)

第19章 まとめ

学校の先生が協力してくれる場合でも、読んで損はないと思っています。

感想などありましたらコメントしてください。